HACCPメニューにJFS-A/B取得を加えます

この度、弊社では代表社員の白川淳一が、JFS-A/B規格の監査員資格を取得したことをご報告します。

JFS-A/B規格は日本発の食品安全管理規格の策定、認証/適合証明の仕組を管理する食品安全マネジメント協会である一般財団法人 食品安全マネジメント協会(JFSM)が作成したもので、国際整合性のある日本発・国際レベルの規格・認証スキーム(仕組み)で、codex HACCP、また厚生労働省が進めるHACCP制度化をも考慮した、今最も注目されている規格です。

現状で日本で主に取得がされている認証の一覧です。ご覧のように、従来の業界や自治体のHACCPに比べて、より国際的にな規格に近くなり、本質的にHACCPに必要な内容に特化しものです。

必要な書類は上記の通りです。これらを監査要件に併せてシステムを作り上げていきます。

詳細は初回相談無料でお伺いもしますので、お気軽にお問い合わせください。

代表社員 白川淳一

代表社員 増田勲勇

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です